FC2ブログ

日本の富裕層は平均 1.7億円(1.4M$)の純金融資産総額を保有?

アメリカ株の配当金よるキャッシュフローで将来は生活したい という野望を持っている。

あくまでもキャッシュフローのみの観点しかみていない。

ではそのキャッシュフローを産み出す、投資元本はいくら必要なのだろうか?

日本のいわゆる富裕層と呼ばれる層は、どの程度の金融資産をもっているのだろうか?
という疑問が生じた。

答えはすぐに見つかった↓


150527 富裕層野村
野村総研より引用

富裕層世帯の定義は純金融資産が1億円以上5億円未満 という事だ。

純金融資産 = 金融資産(土地建物・設備を除く) - 負債
という事らしい。

借入金で不動産購入している世帯に対してはやや不利な定義だと思う。

その純金融資産額と世帯数がマーケットの分類毎に記載されたいたので、単純に割り算をしてみた。

150527 黄色

1ドル122円での計算だ。

我が家はどうかというと、自宅は賃貸出し、不動産投資で持っていたワンルーム1部屋は昨年末に売却済だ。

つまり金融資産がそのまま純金融資産という世帯だ。

そしてかろうじてアッパーマス層というところだろうか。

アッパーマス層の平均純金融資産はおよそ4050万円 (33万$)。

基本は配当金をKPIとすることに変わりはないが、純金融資産という事も頭に入れておこう。

まずは4050万円が一つ目の目標になるかもしれない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


外国株式 ブログランキングへ