FC2ブログ

日本株 25年連続増配【花王】 vs 【PG】

日本株 25年連続増配【花王】 と、Dividend King 米国株代表 【PG】を比較してみる。

日本株の中で、Dividend Championである25年連続増配の称号を得ているのは【花王】である。

25年前というと1989年であり、バブル時代から一貫して増配を続けているという事になる。

日本の誇るDividend Championである。

150524 花王


【概要】
花王は日本を代表する日用品メーカー。

マーケティングに力を入れている。数多くの部門でトップシェアを誇り、特に洗濯用洗剤のシェアは圧倒的。

また、最近では体脂肪をエネルギーとして燃やしやすくする飲料「ヘルシア」のような機能系食品やペット用品も販売しており、高い収益力を誇っている。

多くの事業を展開しており、ライオン、P&G、ユニリーバ・ジャパン、資生堂、サンスターなど様々な企業と競合している。

化粧品はSOFINA(ソフィーナ)、est(エスト)、カネボウ等のブランドを持っており、主にドラッグストアなど一般小売店向けに製造、販売している。

【指標】

勝っている指標を緑背景にしてみた。
150524 pg vs 花王 

【コメント】
結果は3勝3敗で引き分けであった。

強豪【PG】と引き分けるとは、日本Dividend Championもなかなかのものである。

しかし日本株全体をみてみると、連続増配25年を達成しているのは【花王】のみである。

配当金狙い、増配狙い戦略をとるとなると、日本株の選択肢は限りなく狭くなってしまう。

日米欧の3極をみると、Dividend strategy をとる以上は、米国 Dividend King > EU/UK > 日本 とならざるを得ない。

と、いう事で、今後も米国株を注視していきたい。


外国株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Category: 考察

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


外国株式 ブログランキングへ