FC2ブログ

アメリカ株 配当金獲得 【VZ】

【VZ】 より配当金獲得。  $0.55 × 100 share = $55で、税金が引かれた結果、$39.47が入金。

150515 Verizon


【概要】
ベライゾンコミュニケーションズ(Verizon Communications)は、ニューヨークに本拠を置くアメリカ合衆国の大手電気通信事業者。

ダウ30銘柄の1社であるベライゾンコミュニケーションズ(代表:ローウェル・マカダム(Lowell C. McAdam)以下、ベライゾン)は、世界最大級のグローバルネットワーク・セキュリティ・クラウドプロバイダー。

売上約12兆円(2013年度売上1206億米ドル)、約18万人の従業員。

ベライゾンは、米国1億1千万人以上の加入者を持つ米最大の携帯事業者であるベライゾン・ワイヤレスをボーダフォンと合弁のもと傘下に擁し、固定通信事業では、米国内消費者向けにFiOSを含むインターネット・音声・データ通信と、また世界150ヶ国においてフォーチュン1000社の99%を占める企業顧客と政府機関向けにグローバルネットワーク・セキュリティ・クラウドサービスを提供している。

2013 年Fortune 500 ランキング:16 位

ネットワーク事業では、6大陸(陸上・海底ケーブルを合わせ)地球20周に相当する総延長距離約 80万キロ(50万マイル)の世界最大級のIPネットワークを保有。米国内、欧州、アジア太平洋地域に24時間×365日体制のネットワークオペレーションセンターを5拠点配置。

セキュリティ事業では、2007年にマネージドセキュリティサービスプロバイダーのCybertrust社を買収。

2008年より、グローバルで発生したデータ漏洩事故のフォレンジック調査を分析した「データ漏洩/侵害調査報告書」 (英語名称:Data Breach Investigations Report 、略称“DBIR”)を毎年発行。

グローバルに7つのセキュリティオペレーションセンター(SOC)と、セキュリティ製品の評価・認定を行う「ICSA Labs」をベライゾン傘下の独立機関として展開。

クラウド事業では、2011年、Terremark社(テレマーク)を買収し、また同年8月、CloudSwitch社(クラウドスウィッチ)を買収。グローバルクラウド戦略を加速。世界22カ国に200以上のデータセンターを保有。

2012年、Hughes Telematics社(ヒューズ・テレマティックス)を買収し、自動車産業のM2Mサービスの拡充を図る。

【指標】
■株価   49.97
■P/E   20.98
■EPS   2.38
■Div    2.20 (4.4%)
■Payout 92.4%
■増配  10年

【コメント】
ダウの犬戦略に沿って購入した銘柄。

【VZ】というティッカーシンボルを隠して指標だけ見たら、購入はしない という水準である。

しかしこの指標でも購入してしまう程、企業ブランドイメージが良いのだ。継続的に利益を出し続けるだろう、と信じてしまう。

という事を言い訳にして、今後も継続保有予定。



スポンサーサイト
Category: 配当金

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


外国株式 ブログランキングへ