FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目銘柄 dividend aristocrats 【15年5月】

4月末での注目銘柄を4つの原則から4つ抽出してみた

150506 financial freedom

原則
① 25年以上増配継続
② 配当利回り 2.5%以上
③ Pay out Ratio  60%以下
④ P/E 20倍以下

【ORI】 'Old Republic International
Old Republic International / オールド・リパブリック・インターナショナルは、損害保険などの保険持株会社。

アメリカ・イリノイ州シカゴに本社がある。

同社はその子会社を通じて損害保険やタイトル保険、団体保険などのサービスを提供している。

2014年12月31日の時点で、Old Republic Internationalとその子会社は約8,000 人のフルタイムの従業員が在籍している。

①連続増配=34年
②利回り  =4.84%
③PayoutR=51.75%
④P/E   =10.69

数値上はかなり魅力的な価格であると思う。
なぜこれほど株価が下がっているのかを理解した上で、購入検討したいと思う。


【WMT】 Wal-Mart Stores Inc
ウォルマート(Wal-Mart Stores, Inc.)は、アメリカのアーカンソー州ベントンビルに本部を置く世界最大のスーパーマーケットチェーンであり、売上額で世界最大の企業である。

創業者サム・ウォルトンが、1962年7月2日に最初のウォルマート・ディスカウント・シティを、アーカンソー州ロジャーズに開いた。その後様々なフォーマットを展開している。EDLP(Every Day, Low Price)を掲げ、低価格、物流管理、コスト削減などを推し進め急速に成長し、世界最大の売上げを誇る企業となった。

現在、世界15か国に進出し、日本では西友を子会社化して展開している。また、ダイエーが産業再生機構入りしたのをきっかけに、支援企業として名乗りを上げていたが落選した。

創業者サム・ウォルトンの親族であるクリスティ・ウォルトン、ジム・ウォルトン、S・ロブソン・ウォルトン、アリス・ウォルトン、ヘレン・ウォルトンの5名は、フォーブス発表による世界長者番付(2006年度)の17-21位を占めており、一族の総資産は8兆円に及ぶ。これは一位のビル・ゲイツ(総資産5兆9000億)を超える。

全国で最大の銃販売業者でもある。

①連続増配=42年
②利回り  =2.51%
③PayoutR=39.52%
④P/E   =15.74

ウォルマートもこの6か月間、株価が下がりっぱなしである。
そのおかげでかなり魅力的な価格となっている。

この株もいつかはコレクションに入れたい銘柄である。


【JNJ】 Johnson & Johnson
ジョンソン・エンド・ジョンソン (英:Johnson & Johnson) は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューブランズウィックに本社を置く製薬、医療機器その他のヘルスケア関連製品を取り扱う多国籍企業。米経済誌フォーブスの世界企業ランキングでは製薬ヘルスケア部門で世界第2位(第1位はファイザー)。ちなみに、アメリカ合衆国の主に家庭用洗剤を製造、販売する化学メーカー『SCジョンソン』社の日本法人である『ジョンソン株式会社』とは関係ない。

ロバート・ウッド、ジェームス・ウッド、エドワード・ミードのジョンソン三兄弟が創業。滅菌の概念を世界で初めて製品に導入。50年以上10%成長を続けている。家庭用のバンドエイドや綿棒、ベビーオイルから医療機関で使用する医療機器、薬剤、薬、コンタクトレンズのアキュビューなどを製造販売している。一般企業の社訓にあたるOur Credo(我が信条)が有名。

社内組織については、社内カンパニー制を採用しており、コンシューマー カンパニー・メディカル カンパニー・ビジョンケア カンパニーのそれぞれのカンパニーがある。

ジョンソン・エンド・ジョンソン・グループには、エチコン、ASP、エチコンエンドサージェリー、オーソ・クリニカルダイアグノスティックス、バイオセンスウエブスター、コッドマン、マイテック、デピュー、デピュースパイン、コーディス、コンシューマー、ヤンセンファーマなど。

①連続増配=53年
②利回り  =3.02%
③PayoutR=53.67%
④P/E   =17.75

言わずと知れたJNJ。 
50年以上の連続増配銘柄であり、Dividend champion の一つでもある。

100ドルを切ってきていれば、3%の利回りであり、その配当は年々上昇する可能性が極めて高いので、追加購入検討に値する。



【CINF】 Cincinnati Financial

シンシナティ・ファイナンシャル(Cincinnati Financial Corporation)は保険持株 会社。子会社を通じて財産保険や災害保険、生命保険を提供する。各種保険商品の販売、リース・融資サービスも手掛ける。

①連続増配=55年
②利回り  =3.63%
③PayoutR=57.86%
④P/E   =15.92

なんとJNJよりも連続増配年数が長い。

リーマンショックをかいくぐってのこの記録は、今後も継続する可能性が高いであろうと思われる。

指標的にも購入してもよいレベルである。

購入検討銘柄の一つとして筆頭候補に挙がる。


【考察】
アメリカ株を調べれば調べるほど、買いたい銘柄が増えていく。

一方で、増資のための現金には限りがあるのが現状である。

日本株/J-REIT  → アメリカ株 へのシフトを加速していき、アメリカ株保有比率を高めていくことが必要になりそうだ。

Sell in May でもっと株価が下がる時の為に、ドルをもう少し多めに持っておくこととしよう。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


外国株式 ブログランキングへ





スポンサーサイト
Category: 注目銘柄

コメント

初コメ失礼します♪

最近…踏んだり蹴ったりの日々を過ごしてる私です…(汗)

ボキャブラリーなくて申し訳ないんですけど
はちどう・きゅうどうさんのブログ良いですよね。
読ませてもらって肩の力が少し抜けた気がします(*´▽`*)

だからもっとお話させてもらえたらなって(○^▽^○)
そしたら心の奥で凝り固まったものが解れる気がして!

はちどう・きゅうどうさんに私の悩みを少しでも聞いてもらえたらすごくありがたいです。
ちょっとした感想でも大丈夫ですから♪

このままコメントで相談というのもあれなので直接お話しさせて欲しいです。
嫌だったり迷惑ならこのコメントは消してしまってください。

突然すみませんでした。
連絡もらえるの待ってます( ´∀`)

2015/05/07 (Thu) 18:07 | ファヴォリ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


外国株式 ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。