スポンサーサイト

ブログ移転 サーバー移転

ブログの本を買ったら、ワードプレスというのが良い という事だったので、早速移転してみた。http://america-kabu.com/...

アメリカ株 配当金獲得 【WFC】

ウェルズファーゴ【WFC】から、40株分 $10.77の配当金が入金された。ウェルズファーゴは4月に購入した銘柄だ。4月に購入して6月に配当が入金されているというのは非常にうれしい。【指標】■株価  56.61■PER  13.84■EPS  4.09■Div   1.50■Yeild  2.65%■Payout 36.7%■増配  5年指標上では非常に割安に放置されている。ウォーレンバフェットも15年1-3月期に買い増ししたそうだ。単純に考えると、アメリカ金利上昇 →...

配当金 2015年_目指せ 50万 米国株+日本株 円建て編   【15年5月】

4月の配当金/支出 割合 (FF%:Financial Free %)は4.2%であった。これは米国株だけの配当金額から算出した数値だ。おっと、忘れてはいけない日本株! 絶好調の日本株! 日本株からの配当金を含めた合計額も把握しておく必要がある。実は、年初に立てた目標は、2015年 配当金50万ゲットというものであった。KPIとして配当金 を定めているからには、どんな銘柄であろうとも合算する必要があるだろう。そこで、米国株からのド...

注目銘柄 米国株 42年連続増配 ウォルマート【WMT】

米国には連続増配銘柄が多数ある。25年連続増配銘柄 米国株 105銘柄で紹介させて頂いたように、25年連続増配でも105銘柄だ。その中で特に気になっている銘柄がある。それがウォルマート【WMT】だ。その理由を自分の中で咀嚼するためにブログに残しておく。そしていずれは購入したいと思う。■株価   $74.72■PER    15.02■EPS    4.98■Div     1.96 (2.60%)■配当性向 39.4%■連続増配 42年1.デカイとにか...

アーリーリタイヤに米国配当銘柄が適していると思う4つの理由

このブログを書き始めてから、米国株の事を考える事が多くなった。決して本業のサラリーマン稼業の負担が減り、自分の時間が増えた訳では無い。きっと意識の問題なのだろう。 いまの意識はアメリカ株に向いているという事だろうか。良いことなのか悪いことなのかはわからないが。米国増配銘柄を選ぶ7つの理由 では、なんとなく漠然と思う事を記載した。今回もまぁ同じような感じだが、最終的な目標である【アーリーリタイヤメン...

25年連続増配 アメリカ株 105銘柄

アメリカ株の25年連続増配銘柄をピックアップしてみた。この中で私が注目しているのは、【ORI】、【WMT】、【JNJ】、【CINF】だ。25年以上、つまりバブル時代の1989年から連続増配しているのが、米国では105銘柄もある。さらに、105銘柄中、16銘柄はなんと50年連続増配中だ。なんとスケールの大きな国な事か。これらDividend Champions 105銘柄の単純平均は連続増配 : 40.7年配当利回り: 2.62%配当性向 : 51.36%PER ...

ポートフォリオ公開 アメリカ株評価損益 【15年5月】

今月、5月に購入した株は以下の3銘柄であった。バクスター【BAX】 $69.0×40株ジョンソンアンドジョンソン【JNJ】 $99.5×5TALインターナショナル【TAL】$38.04×15これらも含めて、5月末時点での評価損益を見てみることにした。とはいっても、グーグルスプレッドシートで管理しているので、随時簡単にチェックできるのだが。投下資金:$73,732評価合計:$75,740対元本 : +2.72%購入金額:$74,761保有評価:$75,235対購...

投資状況公開  対投資元本19.3% 【15年5月】

15年5月末時点の投資状況をまとめた。今月も順調に評価額が上昇している。気分がよい。対投資元本は、+19.3%だ。14年1月を基準とした、投資元本と評価額これは本格的に投資を始めた14年1月からの比率で示している。完全に、黒田バズーカに助けられている格好だ。何せ、対投資元本では14年4月まではマイナスで推移していたのだ。これからもこのオレンジ色の山が、青色の折れ線よりも高く高くなってくれるように祈るばかりだ。14年1...

米国連続増配銘柄を選ぶ7つの理由

1.リターンとリスクのバランスが良いインデックス指数を凌駕する事が一つの目標だ。その目標を到達できずにいる投資家は多いと聞く。1972年1月~2014年12月のアメリカ株の増配銘柄を見てみると、なんとS&Pをアウトパフォームしているらしい。しかも変動率(乱高下)が少なくて済んでいる。これは縦軸:リターン/年、横軸:標準偏差/年 を示している。パフォーマンスに優れ、更には変動率(リスク)が低い。これは増配銘柄に投...

日本の富裕層は平均 1.7億円(1.4M$)の純金融資産総額を保有?

アメリカ株の配当金よるキャッシュフローで将来は生活したい という野望を持っている。あくまでもキャッシュフローのみの観点しかみていない。ではそのキャッシュフローを産み出す、投資元本はいくら必要なのだろうか?日本のいわゆる富裕層と呼ばれる層は、どの程度の金融資産をもっているのだろうか?という疑問が生じた。答えはすぐに見つかった↓野村総研より引用富裕層世帯の定義は純金融資産が1億円以上5億円未満 という事...

米国株 受取配当金 公開 【15年5月】

5月も最終週だ。今月配当金受け取り予定の銘柄は5つだ。その5銘柄から既に配当金獲得しているので、5月分をアップデートする事にした。【内訳】AXP  1.89PFF  17.15PG   26.17T    60.69VZ   39.47NISA  14.06である。【PG】の新規購入、【T】と【VZ】の買い増し効果により、2月受取額よりも5月受取額が多くなっている。8月受取予想は【NGG】分が半年分入金される予定なので、今月よりも多いだろう。【NGG】は、四...

日本株 25年連続増配【花王】 vs 【PG】

日本株 25年連続増配【花王】 と、Dividend King 米国株代表 【PG】を比較してみる。日本株の中で、Dividend Championである25年連続増配の称号を得ているのは【花王】である。25年前というと1989年であり、バブル時代から一貫して増配を続けているという事になる。日本の誇るDividend Championである。【概要】花王は日本を代表する日用品メーカー。マーケティングに力を入れている。数多くの部門でトップシェアを誇り、特...

アメリカ株の株価や配当をグーグルスプレッドシートで自動更新する方法

米国株をグーグルスプレッドシートで管理したい。主に、株価、PER、EPS、配当性向、年間配当金額、年間配当利回り、投資額に対する年間配当利回り、過去5年の増配率を自動で計算してくれるのが理想だ。と、いう事で、グーグルのドキュメントエディタヘルプや、海外サイト、ブログなどを参考に、計算式をまとめてみた。下記の A3 部分はティッカーシンボルを代替入力する もしくは、A3セルにティッカーシンボルをあらか...

ヨーロッパ株 25年増配銘柄をピックアップ

UKとEUの25年以上増配銘柄をピックアップしてみた。つまり、UK champions and Euro champions  だ。指標を見る限りよさそうなのは、PZ Cussons、 ユニリーバ、 ミュンヘン再保険会社 といった所だろうか。【概要】PZ Cussonsは生活用品を主体とするイギリスの会社のようだ。1879年に設立し、19世紀後半にはナイジェリアに、20世紀になってガーナ・ケニア、さらにはギニアへ拡大。その後はアジアにも進出し、タイ、...

アメリカ株 配当金獲得 【PG】

PGから55株分、手取りで$26.17 の配当金を獲得。【概要】プロクター・アンド・ギャンブル(The Procter & Gamble Company)は、アメリカ合衆国に本拠を置く世界最大の一般消費財メーカーである。略称はP&G(ピーアンドジー)。日本でもプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパンを展開している。1837年にローソク業者のウィリアム・プロクターと石鹸業者のジェームス・ギャンブルの共同出資により設立。洗剤や化粧品などの一般消...

米国株 受取配当金予想した所、アーリーリタイヤは25年後?

受取配当金のEstimationを実施してみた。【仮定】■2015年受取配当金 :$2,000■受取配当利回り   :2.5%■増資/年        :$16,000  (増資による受取配当金増加額は$400)■増配/年        :8%■受取配当金      :全額再投資【結果】2015年 2000 2020年 5608 2025年 11543 2030年 21217 2035年 36988 2040年 62698 【考察】もう少し早いスピードで受取配当金を増やす必要があるように思う。その為...

配当金獲得 【PFF】 iシェアーズ 米国優先株式 ETF

【PFF】から配当金獲得。  特別口座:130株分 $17.15   NISA口座:85株分 $14.06.【ファンド概要】iシェアーズ 米国優先株式 ETF は、米国の優先株式で構成される指数と同等の投資成果をあげることを目指しています。【指標】■株価 39.83■Div  6.05%【コメント】iシェアーズホームページに詳細データは掲載されている。しかも丁寧なことに日本語版もある。   iシェアーズ 米国優先株式 ETFエクセルファ...

米国株 注目銘柄フォローアップ

注目銘柄には2タイプあった事に気付いた。一つは、1・4・7・10月の配当銘柄から選択した物。これは4月の受取配当金額が1月受取額よりも少なかった事実により、対策を講じる必要性を感じたからだ。配当金 4月末時点この時点での候補銘柄は、BAX、PEP、PM、MO、MDT、GEであった。この候補銘柄から今週【BAX】を$69.0×40 購入した。アメリカ株購入 【BAX】その結果、$0.52 × 40 share × 約0.72(税率)= $14.92 の分だけ...

アメリカ株 個別銘柄ポートフォリオ公開 【15年5月16日】

アメリカ株のポートフォリオ公開。グーグルスプレッドシートという非常に便利なものを以下のサイトで知ったので、早速活用してみた。資産管理に役立つ!Googleドキュメント スプレッドシートでリアルタイム株価を取得する方法合計評価額: $70,078自動で株価更新をしてくれて、それに準じて円グラフを作成してくれる。非常に便利なツールだ。昨年末から、各々の銘柄をまんべんなく購入していたと認識していたが、円グラフにして...

アメリカ株 配当金獲得 【VZ】

【VZ】 より配当金獲得。  $0.55 × 100 share = $55で、税金が引かれた結果、$39.47が入金。【概要】ベライゾンコミュニケーションズ(Verizon Communications)は、ニューヨークに本拠を置くアメリカ合衆国の大手電気通信事業者。ダウ30銘柄の1社であるベライゾンコミュニケーションズ(代表:ローウェル・マカダム(Lowell C. McAdam)以下、ベライゾン)は、世界最大級のグローバルネットワーク・セキュリティ・クラウドプ...

アメリカ株 配当金獲得 【T】

【T】から180株分、$60.69の配当金が入金された。【概要】AT&T(エイ ティ アンド ティ、AT&T Inc.)はアメリカ合衆国最大手の電話会社。インターネット接続、映像配信サービス等も提供する。本社をテキサス州ダラスに置く。AT&Tは、旧社名 The American Telephone & Telegraph Company の略。1877年、19世紀における米国の二大発明家であるグラハム・ベルが興したベル電話会社が前身。1885年に世界初の長距離電話会社として発足...

アメリカ株購入 【BAX】

【BAX】を$69.0 × 40 share購入。【概要】バクスター(正式にはバクスターインターナショナルインク :Baxter International Inc., NYSE: BAX)は、米国イリノイ州シカゴ郊外ディアフィールドに本社を置く、医薬品、医療機器、バイオテクノロジー関連の世界的企業である。 ニューヨーク証券取引所 (NYSE) に上場している。世界中の総社員数は約50,800人、売上高は142億米ドル(2012年)。1931年に輸液メーカーとして創業。...

アーリーリタイヤへの道程 支出&配当金公開 【15年4月】

4月末時点でのアップデート【15年4月支出】1ドル=119.401円にて計算家賃 436 食費 756 現金・カード 36 交通費 0 趣味・娯楽 531 日用品 349 衣服・美容 245 特別な支出 0 交際費 282 住宅 0 水道・光熱費 117 教養・教育 388 通信費 189 自動車 0 保険 0 健康・医療 12 税・社会保障 0 合計 3340 【指標】配当金 140.05FF% 4.2%(Financial Freedom%)【コメント】FF% = 配当金 ÷ 生活費用 という式...

アメリカ株 50年連続増配銘柄 Dividend King

アメリカ株で50年以上連続して増配している銘柄をピックアップしてみた。Dividend king と呼ばれる銘柄である。その中でもKing of king は60年連続増配の、【AWR】なようだ。概要American States Water Co. (NYSE: AWR) アメリカン・ステーツ・ウォーター【AWR】はアメリカの水道や電気の公益事業会社である。1929年に設立され、ヘッドクオーターはカルフォルニア州サンディマスにある。アメリカ政府と50年の民営化契約して、水道サービスを提供し...

アメリカ株 増配ならず! 【CVX】 連続増配記録途切れるか?

【CVX】 増配ならず! 無念。【概要】シェブロン(Chevron Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンラモンに本社を置く石油関連企業。石油を始めとするエネルギー関連製品を扱う民間企業であり、現在世界の石油関連企業の中でも特に巨大な規模を持つ国際石油資本、いわゆるスーパーメジャーと総称される6社の内の一社である。第二次世界大戦後から1970年代まで、世界の石油の生産をほぼ独占状態に置いたセブン・シ...

外国株式 ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。